2018年5月4日金曜日

「もう朝日新聞の時代じゃないと思う」


「もう朝日新聞の時代じゃないと思う」

 僕はTwitterを開設して以来、自分の考えを発信しています。

 以前は言論界とは大卒のインテリ層を中心に形成されていて、大新聞の一つである朝日新聞の力も強かったと思います。

 僕の知り合いも朝日新聞勤務の人間もいるし、朝日新聞には気を遣ってきましたが、僕の中では、もう時代は朝日新聞の時代ではないと思っています。

 言論界がとても狭い世界で、狭い言論界しか知らないような人間が今まで、日本の言論界を牛耳っていたのだと思います。

 僕は日本の言論界から記事を書かれる立場になったことがあるので、いかに記事などがいい加減なものかを知っています。

 記事の見出しもセンセーショナルな見出しにして、読者の歓心を買おうとしています。

 記事の内容も、会社というバックがあっての言論の自由に基づいたセンセーショナルな記事の内容で、事実誤認も多いことが分かります。

 記事を書いている連中は、記者の妄想とも思われることを新聞に書いているにも関わらずに、それがあたかも事実、真実だと主張しています。

 新聞記事を書いている連中が自分たちは正常だと思い込み記事を書いて、あたかも先生のような態度を取っています。

 誰でも先生のような気持ちで文章を書けば、朝日新聞の記事のような文章は書けると思います。

 記者たちはきちんと取材しての記事だと記事の信憑性を主張しますが、僕が書かれた経験からすると記事とはとてもきちんと取材して記事を書いているとは思えません。

 僕はネットが発達している現代は朝日新聞などの時代ではないと思っています。

 もう朝日新聞の記事だから真実だとか言われる時代ではないと思っています。

以上、「もう朝日新聞の時代じゃないと思う」

ブログに載せます。


  

 

 

 

 

 



 

 

0 件のコメント:

コメントを投稿