2019年6月4日火曜日

「練馬の事件に思う」


「練馬の事件に思う」

 昨日、ニュースを見ていたら、東京都練馬区で父親が我が子を刺殺したとのニュースがありました。

 ニュースを見ていると、川崎の事件に関する報道を見ていて、我が子も何か事件を起こすのではないかと危惧して、我が子を刺殺したとのことらしいです。

 父親は東大卒で農林水産省事務次官まで務めた人間で、優秀な人間だったらしいです。

 川崎の事件以来、日本がどこかおかしくなっているような気がします。

 異常な事件が日本各地で起きていて僕は不気味に思っています。

 令和の時代とはひきこもりの問題をきちんと考えなければいけない時代になるような気がしています。

 以上、「練馬の事件に思う」

ブログに載せます。



 
 





 

 
 

 



 

0 件のコメント:

コメントを投稿