2016年8月19日金曜日

「僕が本郷の森 銀杏企画に行かないわけ」



「僕が本郷の森 銀杏企画に行かないわけ」

 僕は2013年から、本郡の森、銀杏企画運営のTwitterアカウント@shurouikousienをフォローしています。

 直接的にフォローしていたこともありました。

 現在では東日本大震災関連書籍の紹介サイトhttp://www.myougavalley.com/ とブロガー移行支援.com  http://www.broggerikousien.com/を挟んでの間接フォローの形になっています。

 このアカウントは、就労移行支援事業所を紹介しているアカウントですが、おかしなアカウントをフォローしています。

 SM大好きとか、女子大生大好き(以前はJK大好きでした)とかアダルトビデオ系のアカウントもフォローしています。

 僕もエッチな映画(動画)は見るし、アダルトビデオを一方的に否定できませんが、露骨にSM大好きとかのアカウントをフォローしているのを確認すると、こういう人たちとは一緒に仕事がしたくないと思ってしまいます。

 自分が上司の立場になったことがないのか、人を悪い方向に導きます。

 一日中、パソコンとにらめっこの仕事をしている人は、フォローしているTwitterアカウントとかも注意して見ます。

 僕は、本郷の森、銀杏企画のTwitterアカウントをフォローして以来、東日本大震災関連書籍を紹介し始めました。

僕が本郷の森、銀杏企画に行っていただきたかった作業は、僕のTwitterアカウントをサポートしてくれるような作業でした。

僕の心とは正反対の方向に僕を導いているTwitterアカウントなので、僕は本郷の森、銀杏企画には行かないことにしました。

Twitterアカウント一つとっても、良い方向に導いてくれるアカウントもあれば、良からぬ方向に導くアカウントもあります。

本郷の森、銀杏企画の方々は、僕がTwitterを開設して、東日本大震災関連のことを長くツイートしていたことを知っていたと思うので、本郷の森、銀杏企画のTwitterでのフォロー活動は、とてもでありませんが善意で行っているフォロー活動とは思えませんでした。

本郷の森、銀杏企画の方々は、僕が、「銀杏企画三丁目の掲示板」に書き込みをしていたころから、僕がどのような性向を持っている人間かは知っていたはずです。

僕の性向を把握していたにも関わらずに、良からぬ方向に導こうとしているTwitterでのフォロー活動を拝見して以来、僕は本郷の森、銀杏企画とはやっていけないと思いました。

Twitter一つとっても、半分冗談でやっている人もいれば、真剣にやっている人もいると思います。

本郷の森、銀杏企画のTwitterでのフォロー活動は真剣にやっているとは思えませんでした。

本郷の森、銀杏企画のTwitterでのフォロー活動で本郷の森、銀杏企画との関係が崩壊するとは思ってもいませんでしたが、仕方ありません。

Twitterでのフォロー活動一つでも、その組織のありようが分かります。

本郷の森、銀杏企画にとっては致命的なミスになるフォロー活動だったと思います。

僕と本郷の森、銀杏企画との関係を修復するには、本郷の森、銀杏企画が3年くらいかけて、致命的なミスを取り返すくらいの活動をする以外にはないと思います。

関係を修復したいなら、地道な活動を、関係を修復したくないなら、もうあきらめて、僕のことは過去の人として忘れたほうが良いと思います。

関係修復の活動が見られない限り、残念ですが、僕は本郷の森、銀杏企画とはやっていけないし、本郷の森、銀杏企画には行かないでしょう。

自分たちの行っている活動を良く見直して、今後の運営につなげていけば良いと思いました。

以上、「僕が本郷の森 銀杏企画に行かないわけ」

ブログに載せます。











 

0 件のコメント:

コメントを投稿