2017年7月27日木曜日

「早稲田大学探検部時代の後輩のコラムのようなものを見つけた」



「早稲田大学探検部時代の後輩のコラムのようなものを見つけた」

 先程は、早稲田大学探検部の先輩の書かれているコラムをブログで紹介して、コラムについて書きましたが、今回は、早稲田大学探検部の後輩の方の書かれているコラムを見つけたので、そのコラムを紹介してみたいと思います。

 やはり、早稲田大学探検部の後輩の名前で、Googleで検索してみたら、コラムが見つかりました。

以下です。


コラムでは、福島原発事故による、健康被害に対応する、3.11甲状腺がん子供基金のことについて書かれています。

  福島島原発事故により、甲状腺がんが増えてしまったにも関わらず、適切な対応をしていないことを憂いているコラムです。

 福島と同じように原発事故のあったチェルノブイリの例を挙げて、チェルノブイリでは非汚染地域で保養が行わていたともあります。

 記事の中では、原発に反対している、小泉純一郎氏、河合弘之氏の名前も出しています。

 筆者の気持ちがなんとなく分かります。

コラムの名前ではありませんが、何かを憂いていることが分かります。

新聞記者の方の憂いの気持ちをコラムにしているのだと思います。

コラムを書く方も、福島原発事故とそれに伴う、健康被害のことを考えると憂鬱な気持ちになると思います。

新聞記者の方こそ、心の病気になってしまう可能性があるような気がします。

読者のために、少しでもご自分の心の健康のことには気を配っていただきたいと思います。

早稲田大学探検部の後輩だった方の名前で、Googleで検索をしてみたら、コラムのようなものが見つかったので、コラムを読んでの感想も書いてみました。

以上、「早稲田大学探検部時代の後輩のコラムのようなものを見つけた」

ブログに載せます。













0 件のコメント:

コメントを投稿