2019年7月1日月曜日

「パソコンとネットが出来た段階で、新聞社とか出版社による言論コントロールは出来ない時代になったと僕は思っている」


「パソコンとネットが出来た段階で、新聞社とか出版社による言論コントロールは出来ない時代になったと僕は思っている」

 今の時代とは、パソコンとネット環境があれば誰でも発信者になれる時代です。

 昔のように、新聞社とか出版社による言論コントロールが出来ない時代になっていると僕は思っています。

 文章を書くことのハードルが下がり、誰もが発信者になれる時代です。

 僕も昔は新聞社とか出版社によって言論コントロールされていたと思っています。

 今では、新聞を読んでも本を読んでも批判的な立場で物事を見るようになり、自分でもブログを書いています。

 もう、新聞社とか出版社によって言論コントロール出来た時代はとうに終わっていると僕は思っています。

 新聞の売り上げ部数も大幅に減り、出版不況も落ちるところまで落ちていると思っています。

 昔のように新聞や本で言論コントロール出来る時代ではないと僕は思っていて、今ではパソコンとネットがあれば誰もが自分の考えを発信できる時代になっていると思っています。

 以上、「パソコンとネットが出来た段階で、新聞社とか出版社による言論コントロールは出来ない時代になったと僕は思っている」

 ブログに載せます。




 

 
 

 

 
 

 

 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿