2018年9月28日金曜日

「早稲田大学探検部関係者の書いた本は読まない方が良いと僕は思っている」


「早稲田大学探検部関係者の書いた本は読まない方が良いと僕は思っている」

 僕は早稲田大学在学中に早稲田大学探検部というサークルに所属していました。

 早稲田大学探検部の活動とは死と隣り合わせで、死に対して敏感で、死を描く方が多いようです。

 僕は統合失調症で、とても心が疲れやすい状態になっています。

 僕のような心の病気の人間は早稲田大学探検部関係者の書いた本は読まない方が良いようです。

 早稲田大学探検部関係者の本には多くの死が描かれています。

 早稲田大学探検部関係者の書いた本を読むより、何か心が元気になる本を読んだ方が良いようです。

暗い死を描いている本より、明るい生を描いている本を読んだ方が心の病気の人間にとっては良いようです。

心の病気の人間にとっては早稲田大学探検部の書いた本は読まない方が良いと思いブログを書いてみました。

以上、「早稲田大学探検部関係者の書いた本は読まない方が良いと僕は思っている」

ブログに載せます。

0 件のコメント:

コメントを投稿