2015年12月31日木曜日

「神田川生活(一人暮らし)の大晦日」



「神田川生活(一人暮らし)の大晦日」

僕が新宿区の書店で働きながら、一人暮らしていた頃、使っていたMacのノートパソコンのハードディスクをバックアップしたCDRを現在、使用しているWindowsPCで読めました。

 CDRを見ていると、 当時の状況が、昨日のことのように思い出されます。

 僕が一人暮らしをしていたのは、新宿区の戸山でした。

 藤尾潔さんというライターが「早稲田大学おもしろ話」に書いているように、家賃28千円の4畳半のおんぼろアパートに住んでいました。

 風呂はなし、トイレは共同トイレのアパートでした。

 一人暮らしをしていても、大晦日になると、紅白を見てから、初詣に行ったものでした。

 普通の大晦日は、早稲田大学の近所の穴八幡に初詣に行きました。

 一陽来復で有名な、穴八幡では、大晦日の紅白が終わってからの時間に初詣に行くと、お餅を振舞っていて、初詣をしながら、あんころ餅や、大根おろし餅が食べられました。

 ある年末には学生時代のサークルの後輩から電話があり、初詣に行きませんかということで、浅草、浅草寺に初詣に行きました。

 東西線早稲田から、日本橋に出て、銀座線に乗り換え、浅草まで電車で行きました。

 浅草は初詣のお客さんで混んでいて、浅草寺にお賽銭を投げ込んで、初詣するまで、かなり時間がかかったものでした。

 初詣をしてから、浅草にあるマックで何か食べたと思います。

 浅草寺での初詣は労力がかかりましたが、良い初詣だったと思います。

以上、「神田川生活(一人暮らし)の大晦日」

ブログに載せます。






0 件のコメント:

コメントを投稿