2015年12月31日木曜日

「254を5回行った。そして、販売単価の総計は925,287円。 (棚卸報告」




2545回行った。そして、販売単価の総計は925,287円。 (棚卸報告」

 昨日、ブログに書きましたが、3つめのTwitterアカウント@uedon110から、震災本を一日、25冊紹介しています。

 昨日で、紹介した「震災本」の総数は500冊。

 一日、震災本を、25冊紹介する、活動を4日行うと、100冊紹介できる。

 という、「254」の法則によれば、「254」を5回行ったことになります。

一日に25冊、「震災本」を紹介して、毎回、25冊、Excelによる棚卸し作業を行っています。

昨日までの、棚卸しの結果、紹介した、500冊の「震災本」の販売単価の総計は、925,287円でした。

楽天ブックス、Amazonに販売単価で出ていない本は、今年、亡くなった鶴見俊輔さんの

「日本は状況から何を学ぶか」という本でした。

この本については、日外アソシエーツという書籍データベースで、この本について調べました。

500冊紹介して、販売単価の総計が、925,287円とは「東日本大震災」関連書籍の紹介サイトはかなり、資産的にも価値のあるサイトなのだと思いました。

これからも、キリの良い時に、棚卸しの経過報告をしていきたいと思っています。

以上、「2545回行った。そして、販売単価の総計は925,287円(棚卸し報告)」

ブログに載せます。










0 件のコメント:

コメントを投稿