2018年10月12日金曜日

「高校の頃は全くフォローされなかったが、早稲田に行ってから、多くの人からフォローされるようになっていた。」


「高校の頃は全くフォローされなかったが、早稲田に行ってから、多くの人からフォローされるようになっていた。」

 僕は高校は都立の小石川高校に通っていました。

 高校時代には付き合っていた女性もいなくて、全く人からフォロー(追いかられるような)されるような人間ではありませんでした。

 大学は早稲田大学に行ったので、早稲田大学時代は、僕は多くの方からフォローされる(追いかけられる)ような人間になっていたようです。

 早稲田大学時代は実力に伴った人気もあって、良い大学生活が送れたと思っています。

 高校は男女共学で、クラスの女子にものすごく気を遣っていたので、目立つ行為は出来ませんでした。

 早稲田大学時代は、サークルが早稲田大学探検部というサークルだったので、自然に大学の中でも僕の行っていた活動は目立ちました。

 目立つ活動をすると、多くの人から追いかけられる(フォローされる)ような人間になります。

 僕は、早稲田大学の4年生の時に、インドのプラマプトラ川のラフティングに参加して、マスメディアでも取り上げられたので、有名になりました。

 有名になれば僕を目標にする人間も出てきます。

 目標になるとは、追いかけられる(フォローされる)ということです。

 目標になる存在になったら、僕を追いかけている(フォローしている)人間のことを考えながら活動もします。

 僕を目標にしている方々が、良い方向に向かうような活動をします。

 僕は中学校の頃、生徒会長をしていたので、目標にされることには慣れていました。

 勉強もきちんとして、部活もきちんと行い、模範生になっていると、僕を目標にする方も良い方向に向かいます。

 早稲田大学に進んでからも、中学校の時に生徒会長をしていた時のことを思い出して、活動していれば、僕についてきてくれる(フォローしてくれる)人間もいました。

 僕をフォローするかどうかは、個々人の判断によるので、僕をフォローすることを強制はしませんが、僕をフォローしていると少なからず、良いこともあるかと思います。

 僕のことを少しでも信頼してフォローして下されば、きっと良いことがあると思います。

 なんとか僕のTwitterをフォローして頂ければ幸いです。

以上、 「高校の頃は全くフォローされなかったが、早稲田に行ってから、多くの人からフォローされるようになっていた。」

ブログに載せます。



 

 

 





 


0 件のコメント:

コメントを投稿