2018年7月3日火曜日

「サッカーワールドカップ、日本善戦」


「サッカーワールドカップ、日本善戦」

 今日は朝の4時頃に目が覚めたので、テレビをつけて、サッカーワールドカップ、決勝トーナメント、日本対ベルギー戦を見ました。

 僕がテレビをつけたときは、前半が終了したところで、僕は試合の後半は全部見ました。

 前半のスコアは00でしたが、後半になると日本がゴールを先に決めました。

 原口が、スルーパスを受けて、シュート。シュートは、ゴールの隅に決まり、日本が先制しました。
                                                                                               
 その後に、今度は乾がミドルシュートを放ち、乾のシュートもゴールの隅に決まり、日本が2点目を入れます。

 2本のシュートともきれいなシュートで、見ていても気持ちよくなるようなゴールシーンでした。

 2点目を取ったときは、僕は日本が勝つのではないかと思いました。

 その後はベルギーが攻める時間が続いていたような気がします。

 ベルギーはコントロールされたヘディングシュートでゴールを決め、1点差に追いつくと、サイドからのセンタリングをまたもヘディングシュートで決めて、同点に追いつきました。

 日本は本田を投入しました。
                                            
 日本はゴールから遠い位置でフリーキックを得ると、代わった本田がゴール枠に飛ぶ直接フリーキックを蹴りましたが、ゴールキーパーに阻まれます。

 後半もアディショナルタイムになってから、ベルギーがゴールキーパーから出たボールを速攻で運び、日本陣内に攻め込み、そのままゴールを決めて、決勝点を挙げました。

 結局、32でベルギーが勝ちました。

 試合を見ていて、日本は善戦したと思いました。

日本のゴールとなった2本のシュートもきれいなシュートだったし、ワールドカップの舞台に恥じない、きれいなシュートでした。

日本は良い試合をしたと思うし、善戦したと僕は思います。

日本にとってのワールドカップもこれで終わりですが、前評判以上に日本は頑張っていたような気もします。

今日は、朝4時頃に目が覚めてサッカーワールドカップ、決勝トーナメント、日本対ベルギー戦をテレビで見たので、試合を見ての感想を書いてみました。

以上、「サッカーワールドカップ、日本善戦」

ブログに載せます。
 

 









 

 

 


0 件のコメント:

コメントを投稿