2015年10月17日土曜日

「カイザースラウテルン広場を見てきました。」



「カイザースラウテルン広場を見てきました。」

 二つ目のTwitterアカウントから「東日本大震災」「原発」関連の書籍を紹介しているので、ドイツの脱原発に関する本もあり、ドイツに関心を持ち、自分の住んでいる文京区がドイツのカイザースラウテルン市と姉妹都市とのことで、早速、文京区大塚にある、カイザースラウテルン広場を見てきました。

 カイザースラウテン広場とは文京区のホームページによると、ドイツ人の彫刻家の方が、日本人の子供達をドイツのおとぎ話の世界へ案内したいとのことから「神話の空間」というテーマが生まれ、作品を作り、

「カイザースラウテルン広場」に作品を展示しているとのことです。

「神話の空間」はこちら






カイザースラウテルン広場に展示されている作品は3作でした。

「ユニコーン(一角獣)」




「魚」



「アンモナイト」



以上の3作品が展示されていて、文京区民並びに、この周辺地区で働く方々の憩いの場となっているようです。

3作品ともおもしろい作品でした。

以上、「カイザースラウテルン広場を見てきました」

くだらない内容ですが、ブログに載せます。
 




0 件のコメント:

コメントを投稿