2019年11月14日木曜日

「高野秀行さんの奥様が震災本を書かれているようだ」


「高野秀行さんの奥様が震災本を書かれているようだ」

 昨日、熊本地震に関する本を調べていたら、片野ゆかさんの著作、「竜之介先生、走る!」という著作がありました。

 片野ゆかさんとは、早稲田大学探検部時代の僕の二つ上の先輩、高野秀行さんの奥様で、僕も面識のある方です。

 熊本地震に関してきちんとした本を書かれているようです。

僕も長い間、震災関連本を調べ、震災関連本を読んでいて、震災関連本を書かれている方々が本当に渾身の思いで本を書かれていると思っていて、震災関連本を書かれている方々には尊敬の念を持っています。

片野ゆかさんもきちんと文京区立図書館に所蔵されるような震災関連本を書かれているようで、立派な方だと僕も尊敬の念を持っています。

本を書くこと自体が時間もかかり大変なことで、なおかつテーマが、震災となると本を書く側の心労もあると思うし、本を書くのは大変だろうな僕は思っています。高野さんも立派な奥様を持ち、ご自分のお仕事もはかどるだろうなと僕は思っています。

昨日、熊本地震に関する本を調べていたら、高野秀行さんの奥様の著作、「竜之介先生、走る!」という著作があり、僕と面識のある方の著作だったのでブログを書いておきます。

 以上、「高野秀行さんの奥様が震災本を書かれているようだ」

 ブログに載せます。



 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 



0 件のコメント:

コメントを投稿