2018年1月30日火曜日

「体を壊す」

「体を壊す」

 昨日、本郷の森のブログを見ていたら、「体を壊す」という言葉がありました。

 ブログを書いている方が、寒さで「体をこわして」、皆さんも、「体を壊さないように」とのことが書かれていました。・

 銀杏の方々はもともとが心の病気の方々です。

 心の病気に加えて、「体を壊した」ら、本当に大変だと思います。

 心が病気になることは、精神病になるということだと思いますが、精神病とは、他者からのいじめなどでも精神病になるような気がします。

 精神病にさせられた方々は、一生、精神病で苦しむと思います。

 自分から好き好んで精神病になった方は少ないような気がします。

 学校とか会社とかで、精神病になった方がほとんどのような気がします。

 人によっては精神病になるなんて、心が弱いから精神病になるんだとか言う方もいるかと思いますが、僕も精神病なので、精神病の方々の気持ちは分かります。

 僕は中学校で生徒会長を務めたり、早稲田大学時代も、探検部で登山をしていたり、健康な人間でした。

 僕は会社勤めしてから精神病になりました。

 会社が自分にあっていなかったのだと思います。

 嫌な上司もいたし、会社に行くと、心が病んでいくような気がしました。

 銀杏の方々も、様々な要因で心の病気になったと思います。

 
 それに加えて、「体を壊した」ら本当に大変だと思います。

 命に関わることもあると思うし、体には気をつけた方が良いと思います。

心が病気の方々が、「体を壊す」と大変だと思うので、銀杏の方々は健康には気をつけた方が良いと思います。

以上、「体を壊す」

ブログに載せます。




0 件のコメント:

コメントを投稿