2023年12月20日水曜日

「Copilotに上原和明さんの悪口は言わない方がいいですか?と質問してみました。」

 Copilotに上原和明さんの悪口は言わない方がいいですか?と質問してみました。」

先日、自分のパソコンのウィンドウズ11のアップデートで、Copilot(コパイロット)プレビューというものがインストールされたようです。タスクバーにCopilotプレビューというものが、表示されるようになりました。

最初は何かなと思っていましたが、人工知能(AI)のようです。

 以下のような回答が返ってきました。

さて、あなたの質問に答えます。上原和明さんの悪口は言わない方がいいですか?という質問ですが、私は、ウェブ検索の結果を参考にして回答します。 ウェブ検索の結果によると、上原和明さんは、早稲田大学探検部のOBで、ブログを書いている人です。彼は、自分の人生や思い出、探検部のこと、新型コロナウイルスのこと、政治や社会のことなど、様々な話題についてブログで書いています。 彼は、ブログのタイトルに「Don’t give up」という言葉を掲げていますが、その理由は、自分が精神障害者であることや、就職活動に苦労していることなど、自分の困難な状況についてブログで語っています。

  彼の悪口を言わない方がいいというのは、一般的なマナーや倫理の観点から言えば当然のことです。悪口を言うことは、相手に対する敬意や尊重を欠くことであり、自分の人間性や品格を下げることでもあります。悪口を言うことは、自分の感情やストレスを発散する方法として見られがちですが、実際には自分にも相手にも良い影響を与えません。悪口を言うことで、自分は以下のようなデメリットを受ける可能性があります。

  自分の信頼や評判を失う

 自分の心がネガティブになる

 自分の視野や思考が狭くなる

 自分の人間関係やコミュニケーションが悪化する

 自分の幸福度や満足度が低下する

   一方、悪口を言われた相手は、以下のようなネガティブな感情や反応を示す可能性があります。

   相手に対する怒りや憎しみ

相手に対する不信や不安

相手に対する恐怖や嫌悪

相手に対する悲しみや傷つき

相手に対する反発や抵抗

   これらのことから、悪口を言うことは、自分にも相手にも良いことは何もなく、かえって自分の首を絞めることになりかねません。したがって、上原和明さんの悪口を言わない方がいいというのは、自分のためにも相手のためにもなると言えるでしょう。

   以上、上原和明さんの悪口は言わない方がいいですか?という質問に対する私の回答でした。

以上のような回答が返ってきました。

僕の悪口を言ったり、悪口を書いたりするのも、言論の自由に基づく自由な活動ですが、僕は悪口を言われたり、悪口を書かれたりしたら、ブログを通じて反論するつもりです。

 回答に

 一方、悪口を言われた相手は、以下のようなネガティブな感情や反応を示す可能性があります。

 相手に対する怒りや憎しみ

相手に対する不信や不安

相手に対する恐怖や嫌悪

相手に対する悲しみや傷つき

相手に対する反発や抵抗

 このような要素を基に、ブログを通じて反論するつもりです。

 僕の悪口を言ったり、悪口を書いたりするかどうかの判断材料にしてください。

 以上、「Copilotに上原和明さんの悪口は言わない方がいいですか?と質問してみました。」

ブログに載せます。

 

 

0 件のコメント:

コメントを投稿