2020年7月8日水曜日

「高野秀行の本も処分することになる」


「高野秀行の本も処分することになる」

 僕の家の僕の部屋には高野秀行の本も多くあります。

 以前は高野秀行が自分の書いた本を僕の家に送ってきていたので、高野秀行の本が僕の部屋には多くあります。

 本の整理をして高野秀行の本を何冊か処分しましたが、まだ多くの高野秀行の本が僕の部屋にあるので、高野秀行の本を処分することになります。

読むのが面倒くさくて高野秀行の本は読んでいない本が多いですが、本郷の銀杏企画が設置している夢の本箱プロジェクト本の回収ボックスに入れに行き、高野秀行の本も処分します。

高野秀行とは、僕の早稲田大学探検部時代の二つ上になる人間ですが、2011年の東日本大震災時に、福島県いわき市に災害ボランティアに行った時に、

「上原はネパールに行くことになっている」とか、僕の人生のシナリオを勝手にでっち上げている人で、僕は高野秀行とは縁を切りたいと思っているので、高野秀行の本を処分することにより、高野秀行と縁を切れれば良いと思っています。

現在では著名な作家になっていて、高野秀行と知り合いと言えば、すごいとか言われるかもしれませんが、僕は高野秀行のことは嫌っているので、高野秀行の書いた本も処分します。

僕が高野秀行の本を処分することになることをブログに書いておきます。

 以上、「高野秀行の本も処分することになる」

 ブログに載せます。

 


 

 

0 件のコメント:

コメントを投稿